SUZUKI KASUMI

すずきかすみ 〈 ニット工房ハイジ 〉
うさぎ

You are currently browsing the アトリエにて category.

11月のあとりえ

  親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はない

花の数、すべてに実を結ぶそう。

二子玉川の高島屋の展示会の初日、母がくも膜下出血で倒れたと知らされ、トンボ帰りで手術に立ち会い

あの日から10年が過ぎました。横浜、釧路間の毎日の電話も、一日も欠かすことなく続いている。

母のリハビリの為にと思っていたのに、いつの間にか、私のやすらぎに代わっている。

振り返っても、母から叱られたり、特別意見されたりした記憶が全くない。

むしろ、いつも背中を押してくれている、あなたならできるわよ、あなたなら大丈夫と。今も。

母がきっと大切にしているもの、心を込めてありがとうを伝えること、手をかけた仕事の尊さ、美しいものをキラキラと目を輝かせて美しいと言えること。

あともうすこし、母の傍でこぼれる花を拾いたい。

Posted 10月 31st, 2021.

Add a comment

10月のあとりえ

朝は、ちゃあんと予定にいれていたのに、歯医者さんの予約、午後3時。

図案を描き始めると、ぷっつん。

幾度ご迷惑をおかけしたことか、お詫びの言葉が見つからない。

 

輸入糸の麻糸は、色の出方が鮮やかすぎず、初秋のジャケットにはいい感じ。身体をまあるく包むシルエットに、どこまでも楽しいい物語が詰まっている。

明日も明後日も羽織って出かけたくなる、心がふわっと元気になる、

忘れそうになる私の創作の原点は今も静かに、ここにある。

お健やかに、美しい秋をお過ごしいただけますように。

 

 

 

 

Posted 9月 29th, 2021.

Add a comment

9月のあとりえ

心なしか朝夕、秋の気配を感じています。

残暑、一息ですね。

繰り延べになったままの展示会は、この秋も見送らざるを得ない事、

悲しくて、残念でなりません。

美しい作品達を、御手に 取って見て頂ける日が一日も早く来ますよう願うばかりです。

すこうし、くじけそうになると糸の部屋に籠って、わたしが還ってくのを

確かめたり、、、まあ、前を向くだけですわね。

 

 

 

 

Posted 8月 30th, 2021.

Add a comment

8月のあとりえ

暑中お見舞いを心より申し上げます。

セミたちの声に包まれる季節になりました。

北国育ちの割には、さほど苦ではなかった夏の暑さですが、この夏は少し

へこたれ気味です。

それでも、感染対策を怠ることなく、アトリエに通ってくださる生徒さんの

お元気なお顔を拝見すると、何やら不思議なちからが湧いてきます。

有難いことです。幸せなことです。

 

昨夏、ボレロが仕上がらないまま、アンサンブルにはなれずにいた作品、

一年越しに展示させていただきました。

Posted 7月 31st, 2021.

Add a comment

7月のあとりえ

お気に入りのベージュのワイドパンツに合わせて、

手持ちのお宝糸を駆使して製図も引かず、メモ書き一枚、サクッと

仕上げたわたしのジャケット。

この春、主人の手術、父の突然の入院、母の看守り。わたしが居ること

すら忘れてしまいそうな心配の連続でした。

やっと、みんな元気になって、ほっとして、わたしの為のジャケットは

褒美じゃ、褒美じゃ。

Posted 6月 30th, 2021.

Add a comment

6月のあとりえ

早春から暖かな日が続き薔薇のリレーの速かったこと。

ニンファ、天津乙女、マチルダ、ボレロ、シャガール、ガブリエル、オデッセイア、、、

大輪の一番花が一斉に咲き、たちまち庭は薔薇園になった。

数種のつる薔薇をランダムに絡ませたフェンスを見に沢山の方がいらしてくださった。

人伝てに我が家を探してまでも。

こんなにご挨拶したり、お褒めの言葉を頂いたりしたのは、青山や銀座の展示会の時のようでした。

余りに嬉しく、幾つもの薔薇のブーケをこしらえ、お持ち頂くと必ず、こぼれるような笑顔を下さる。

キラキラの笑顔。

お爺さまも、車いすのおばあさまも、どちらかの紳士も、奥様も、子供の手を引くママも、お仕事帰りのおねえさんも。

薔薇のモチーフと沢山の笑顔が、私の中で溶け合って、なにやら面白いかたちになりそうな気がする。

Posted 5月 31st, 2021.

Add a comment

5月のあとりえ

雨上がりの初夏の朝です。

薔薇守りは夕べの嵐が気が気ではなく、明るくなるのを待って庭に出る。

やっと蕾が色付き始めた娘たち、一人一人に声をかけ無事を確かめる。

手を掛けたものほど愛おしい。

ありふれた言葉だけれど、その言葉の持つ意味に改めて、心惹かれる。

何事にも心を込めて関わること、育てること、創ること、

それは、いつの日も自分を支えてくれることに間違いなく繋がっている気がしてならない。

 

 

 

Posted 4月 30th, 2021.

Add a comment

4月のあとりえ

薔薇たちが一斉につぼみを立ち上げました。

昨春からのステイホーム、心のやすらぎを求めて、薔薇教本を読み漁り、土を作り、一から育てた

薔薇たちは、春の陽に輝いています。

何かを始めると、とことん追求したくなる、夢中になり我を忘れる。中々ギブアップしない。果たしてそれは良い事かそうでもないかは分からない。

只、この薔薇たちには救われたと、めぐり逢いに手を合わせたくなる。おばあ様っぽいですが。

風薫る春は、もうすぐ。庭もフェンスもポーチも色に溢れるだろう。

 

薔薇のチュニックをキットに致しました。

丹精込めて、挑戦して頂けたら嬉しく思います。

 

 

Posted 3月 31st, 2021.

Add a comment

3月のあとりえ

この美しい春に、パンデミックなどという不安がやってきて、一年。

日常は様変わりし、アパレルの世界からも多くのブランドが姿を消し、ファッションに係わる身にとって心のバランスを整えるのが難しかった。

業界はサステナブルへ舵をとり、再生素材の服が当たり前になるのもそこまで来ているという。

何だか、寂しいな。

-春色のモヘアの段染め糸は大きな模様のかぎ針編みとふんわりゴム編み。

きっと糸が一番喜んでいる。

自粛が解かれたら、そっと羽織って、そっとでかけよう。

 

Posted 2月 28th, 2021.

Add a comment

2月のあとりえ

大好きな生成りのアンゴラ糸で、新しい作品が仕上がりました。

手を洗い直し、触れてみる。

どこまでも柔らかな、頬ずりしたい愛おしさ。

思い描いたそのままの、完成度の高い作品になりました。

一日も早く、展示会を開きたいな、作品を愛してくださるお客様に、又、お目にかかりたいなと、

ひたすら願う春です。

やがてという言葉を信じて。今も自粛の中に居て。

Posted 1月 31st, 2021.

Add a comment