SUZUKI KASUMI

すずきかすみ 〈 ニット工房ハイジ 〉
うさぎ

You are currently browsing the アトリエにて category.

9月のあとりえ

DSC_0258数日前の暑さが嘘のよう、もうすこし、夏の余韻を感じていたいのに。

夕暮れの庭に虫たちが競って秋を奏でている。いつまでもいつまでも佇んでいたくなるほど。

釧路の母にも聞かせたくて、携帯持って、そうっと、ベランダに。

ああ、かすかだけれど聞こえる、聞こえるって。

 

アシンメトリーの綿プルは、夏の疲れを癒してくれる優しい色たち。きっと。

 

Posted 9月 1st, 2017.

Add a comment

8月のあとりえ

DSC_0242 暑中お見舞い申し上げます。

暑さにはめっぽう強い北国育ちですが、今年の暑さはちょっと厳しい。ついついTシャツや洗いざらしたコットンパンツに手が伸びる。

ありがたいことに世の中、お出かけ着も普段着も完全に一体化して、確かに気楽。

でも、日傘の下、きりりとレースを装う午後もまた  Cool.

 

Posted 7月 31st, 2017.

Add a comment

6月のあとりえ

DSC_0144

 

実家から歩いて数分のところに和シャクナゲに囲まれた六花亭があり、散歩と母のリハビリに

訪れます。見晴らしのいいフロアーでケーキを頂き、とりとめのない話をするのが

何より楽しい時間です。そこには、必ず、六花亭の花、花、花、のBGMが流れていて、

風に揺れる野の花の1輪にでもなれたかのような幸せを感じます。

りんどうのモチーフで作品を創りたくなったのは、そんなひと時があったから。

Posted 6月 3rd, 2017.

Add a comment

5月のあとりえ

DSC_0114

大したことではないわ、これ位のこと、幾つも幾つも乗り越えてきたじゃないの。

落ち込むほどのことじゃないわ。少しだけ時間の通り過ぎるの待ちましょ。

——-  この春は、少しこころが萎えてしまって、元気を作るのに必死でいます。

いつもの春より重症です。何をやっても心が伴わず前を向けないのです。

走っても、バレエ行っても、新しいコペンが来ても、あと少し立ち直れない。

 

以前、気に入って買い求めたかせ糸は、白からグレーそして濃い青へと、グラデーションが美しい。いつまでも触れていたくなる。

シンプルなセーターを一枚、仕上げてみようかと思っている。私のために。

 

 

Posted 5月 1st, 2017.

Add a comment

4月のあとりえ

DSC_00201
例年より心おきなく桜、眺めたように感じています。花冷えの日が続いたからと聞きました。

桜の頃にと、合わせた展示会には、遠方からも沢山のお客様にお越しいただきまして、本当にありがとうございました。長い時間をかけて作り上げた作品ひとつひとつをご覧頂けますことは、何より幸せなことと思います。

これからも楽しく、そして美しい作品を創っていきたいと願っています。

Posted 4月 17th, 2017.

Add a comment

3月のあとりえ

DSC_0008 

朝に夕に満開の枝垂れの梅を愛でています。
淡いピンクの八重の花が、降り注いで根元に立つと夢のよう。

お気に入りの新しい作品を連れて来たくなりました。
よろけ縞に小花の襟刺繍の和テイストのジャケット。

春の重奏が流れてくる。本当に穏やか。

Posted 2月 27th, 2017.

Add a comment

2月のあとりえ

DSC_0002ややもすると、早咲きの桜に追い越されそうなくらい、のんびり咲きだす
我が家のしだれの梅。
今年は、もう、ちらちら、薄紅色が愛らしい。
春の日差しがふんわり暖かい。私も感じている。梅の木もどこかで感じている。

Posted 2月 1st, 2017.

Add a comment

1月のあとりえ

dsc_0721

初春のお慶びを申し上げます。

お健やかで、幸せな1年で有りますように願います。

 

Posted 12月 31st, 2016.

Add a comment

12月のあとりえ

dsc_0698

クラシックなジャッケットを創りました。
大好きなネイビー、上質のウールヤーンはひと針、ひと針、鹿の子編み。
鹿の子は、手編みのプリンシパル。美しく編みあげることは、本当に難しい。

沢山の時が流れても大切にしたい、一緒に居たい、そんな作品にできたと思っている。

 

 

Posted 11月 29th, 2016.

Add a comment

11月のあとりえ

dsc_0652_1_

故郷では例年より10日も早く初雪が舞ったと母が教えてくれました。
そろそろコートの出番です。
生徒さんが譲って下さった段染め糸は、枯れ葉色のベースに、まるで春の光のプリズム色、かと思えば夏の夕陽色が染め込まれていて、編み始めたら止められない面白さがありました。

大柄の矢羽柄は、その色たちが踊る愛しいコートになりました。

 

Posted 10月 31st, 2016.

Add a comment